特殊清掃業


寒いですね~
ここ最近めっきり寒くなりました。。(>_<)
大寒波の影響で佐伯市にも初雪が!寒い!!(3回目)
うめキャンプ村は水道がやられ、大変なことに( 一一)
ったく、早く暖かくならないものですかね~
プライベートともに早く春にならないかな・・・おっとっと・・

昨年12月、佐伯市内で片付けの依頼が入り早速現場に・・
依頼者の方は県外から帰って来ていた娘さんで
一人暮らしのお父さんが部屋で亡くなって1週間程発見されずにいたお部屋でした。
形の無いお父さんを特定する為DNA鑑定を警察が行う為に呼ばれたそうです。何年もお父さんに会ってなかったらしく大変ショックを受けていました。

最近、日本全国に孤独死の割合が高齢化、核家族化などの影響で増えているのが現状です。
今回のケースも珍しいものではありません。

さっそく中に入ってみると、器用なお父さんみたいだったらしくハウスや、棚など沢山手作りの物がありました。
さらに奥に進むと匂いが・・この部屋だな・・亡くなられていた場所には時間が経っているせいかウジが・・
特殊清掃

娘さんが花束を置いてから一緒に手を合わせ、早速特殊清掃を行う事にしました。
特殊清掃

亡くなられた場所に除菌・消臭を行います。

それから片付けを!体が悪かったみたいなので生活スペースは散らかってます。
一人暮らしの家だったので娘さんも貴重品の置き場、必要書類、どんな請求があるのかなど、全く把握できていませんので、一つ一つ慎重に・・
いつ誰がどうなるかは分からないので、やはり生前整理は大切な事だな~と改めて実感!
この家はもう住まなくて空き家となってしまうので解体まで行う様になり、今年に入り業者さんに解体してもらい無事更地になりました!

片付けた中には綺麗なままで残されていた娘さんからの手紙や写真が沢山あり、やはりいくつになっても親子なんだなんですね
今回、色んな面でこますけの仕事の重要さを考えさせられました。

blogよっしぃ


,,,,,,,