新兵器を使う時がキタ!


前回の投稿で紹介した、新兵器アニマルリペラー
アニマルリペラー
さっそく、野良猫が寄り付いて困るというご依頼主の物置へセット!
新兵器アニマルリペラーをセット!
物置の天井裏にも 計4台セット!! 右上に不審者らしき画が映ってますが(笑)
天井裏にセットしているよっしぃ隊員ですね
ストロボ発光で不審者撃退!
この動物忌避装置アニマルリペラーの3大機能には
1.ストロボ発光
 ほとんどの害獣害鳥は夜行性なので、夜間や暗所に出現することが多く、暗闇でピカッとフラッシュ発光に出くわすと、そりゃもう心臓ドキーーーン!!
 ただビビるだけでなく、「人間に居場所を発見されてしまった・・・!」というヤバイよヤバイよというパニックの記憶が脳裏に刷り込まれ、忌避につながる可能性が高いのです
2.威嚇音
 ワシ、タカ、フクロウなど小動物にとって点滴となる大型猛禽類や、凶暴なオオカミの鳴き声・吠え声などを本物そっくりに編集した音声が録音されており、設定して威嚇音として発声!
 特に、イタチには天敵フクロウ、鹿・イノシシ・タヌキ・猫など多数の動物にはオオカミの吠え声が有効
 威嚇音の強弱を簡単に調整できます 近隣や睡眠に配慮して、音を無音にすることも可能です
3.超音波
 音に敏感で、私たち人間には感じ取れない音(超音波)を察知する能力のある動物たちが、とても嫌がる忌避周波数の超音波を発します
 周波数可変レバーで寄せ付けたくない動物に合わせて超音波を選べます

さあて こちらのお宅ではどれほどの効果が見られるか
1週間ほど設置して様子を見させていただきます
*参考お見積り:アニマルリペラー1週間設置 10,000円
野生動物を勝手に捕獲したり駆除したりすることは法律で禁じられており、また資格があってもなかなか駆除に至るまでには難しいものです
困り事お助け協会では、このように、閉所や暗所、高所など難所を調査し、気になる物音が何であるかの究明、対策をお客さまといっしょに考えて、できる限りの対処をいたします
難所を確認し、高度な機器を駆使することもあるので、どうしても調査費用がかかりますことをご了承ください
また、忌避装置の設置料、忌避剤使用には別途実費がかかります
・害獣調査費用・・・7,000円~
・アニマルリペラー設置料・・・1週間(4台)10,000円~

そして本日2件目の害獣調査の現場は・・・
兵器アニマルリペラー屋根裏へセット
一戸建て家屋の2階の一室の屋根裏 やはり高所で難所ですね
ご依頼主様のお話では、数か月前から、夜間、寝室の天井裏から、ホーホーという鳴き声が聞こえ、ずっと気になっていらっしゃったそう
ハトかフクロウでしょうか?
睡眠不足にも影響しますし、なかなか天井裏を見るのには勇気がいることと思います
よっしぃ高山隊員が調査
*参考お見積り:住宅2階天井裏調査 7,000円+消費税
こちらの天井裏では、昼間動物の姿はなく、フンなどもなかったので、鳥や小動物の侵入した形跡はなく、巣を作られているとも考えにくい状況でした
もしかしたら、屋根の上や軒下、近くの電線など、毎夜の止まり木代わりにしている程度かもしれません
屋根もキレイだったそうです
なので、いったん様子をみましょう、ということに
ずっと気になっていらっしゃったそうなので、まずは確認できただけでも、安心していただければ幸いです
どろぼうの練習に励むよっしぃ
家屋侵入高所作業の練習に励むよっしぃ

blog by かおりん


,,,,,